0067_800
コラム

ビタミンCが美肌をサポート! レモン◯個分を効果的に摂取するには?

お肌のうるおいはキープできてますか?肌が乾燥してしまうと、うるおいやツヤが失われるだけでなく、敏感になり外部からの些細な刺激にも反応して肌荒れなどのトラブルを引きおこしてしまいます。乾燥、肌荒れが気になりだしたら、ビタミンの王様「ビタミンC」を摂り入れましょう。

 

ビタミンCは女性の肌を守る頼れる存在!

ビタミンは食物にわずかに存在する栄養素で、それぞれが体の中でとても重要な働きをしてくれます。

なかでも、ビタミンの王様と称されることもあるビタミンCは、数あるビタミン類のなかでも数多くの効能を持つことで知られています。
とくに、お肌のサポートには欠かせない存在でシミやそばかすの原因にもなるメラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素を薄める働きもあるため、できてしまったシミに対しても効果的です。

また、体内に発生した活性酸素を取り除く抗酸化作用が皮膚の細胞分裂を促し肌代謝の遅れを改善、筋肉や体内の各器官を造成する「コラーゲン」の生成にも欠かせません。

成人の一日のビタミンCの目安は男女ともに100mgとされていますが、ビタミンCは体内で生成される栄養素ではないため、日々の食事から意識的に摂取することが大切です。

 

ビタミンCが多く含まれる食物

CMなどで使われるフレーズに「レモン◯◯個分のビタミンC」というものがありますが、レモン1個に含まれるビタミンCはレモン100gに対して50mgほどで、さほど多いものではありません。

また、CMの影響で「ビタミンC=酸っぱい」とイメージされている方も多いと思います。
実際のところ、ビタミンCを多く含む食物として挙げられるものの中には、赤ピーマンや柿、ブロッコリーなど酸っぱさとは無縁のものも。

0069_1

◼︎ビタミンCが豊富な食べ物

野菜(100gあたり)
赤ピーマン 170mg   芽きゃべつ 110mg
ブロッコリー 54mg   れんこん 48mg
じゃがいも 35mg   さつまいも 29mg

果物(100gあたり)
柿 70mg   キウイフルーツ 69mg
いちご 62mg   レモン 50mg
グレープフルーツ 36mg   みかん 32mg

 

ビタミンCの上手な取り方

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性のビタミンです。一度にたくさんの量を摂取したとしても、余った分が体内に蓄えられることはなく2~3時間のうちに尿となって体の外へ排出されてしまいます。

ビタミンCは一度にたくさん摂取するのではなく、小分けにして2~3時間ごとに摂り入れた方が効果的です。
果物や野菜は長時間お水にさらさず、ひと洗いする程度にしておきましょう。

また、熱に弱いのも水溶性のビタミンの特徴です。調理する際は油でサッと炒める程度に火にかけるのなら、比較的熱に強い赤ピーマン、れんこん、じゃがいも、さつまいもがオススメです。

 
参考)
意外と知らない!ビタミンCの基礎知識 | All About beauty
https://allabout.co.jp/gm/gc/65323/