0055_800
コラム

“糖尿病の食事療法”を、“楽しい食事”に変えるテクニック!

糖尿病治療の基本は食事療法ですが、薄味だったり量が少なかったりして続かない人も多いようです。そこで今回は、糖尿病の食事をできるだけ美味しく、満足できる一工夫をご紹介します!

 

糖尿病の食事療法とは

糖尿病は、すい臓で作られる「インスリン」の分泌不足や働きが低下し、栄養分が細胞に取り込まれないために慢性的な高血糖になってしまう状態です。血糖値を正常に近い状態に保つためには、食事の改善を行う食事療法が基本となります。

特別食だと思われがちですが、大切なのは過食や偏食をしないで1日3食バランスの良い食事を摂ることと、決まった時間に食事をする習慣を長く続けること。「食べるものを制限しなくちゃいけない」という発想だと長続きしませんから、楽しんで続けられる食事の工夫をしましょう。

 

味付けの工夫の3原則

塩分や糖分を控える糖尿病の食事は、薄味で物足りないメニューになりがちですが、味付けの工夫で食味がグッと引き立ちます。そこで覚えたい3原則が「酸味・風味・刺激」です。

【酸味】
食べ物の味を左右する数値にpH(ペーハー/水素イオン濃度)があります。低ければ酸味が強くしまった味に感じられ、高いほどアルカリ性に近くまろやかな味に感じられます。酸味の強い食酢や柑橘系の酸味を料理に少し加えることで、食品のpH値が下がって味がしまり、味を引き立てる効果があります。

【風味】
ハーブやニンニクなどの香り、カツオや昆布など出汁の風味や旨みは、薄味でも食味を引き立てるため、積極的に活用しましょう。

【刺激】
トウガラシやカレー粉、ワサビ、生姜などの辛みは、味のメリハリをつけることで料理の味を引き立てます。

この3原則を上手に調理に取り入れることで、味のバリエーションも広がっていきそうですね。

 

こうすれば食事の量も確保できる!

糖尿病の食事では、一日の摂取カロリーは1,400~1,600kcalが目安です。成人の摂取カロリーは1,800~2,200kcalですから、約-500kcal。ごはんで換算すると、茶碗に軽く1杯で約250kcalですから、単純に3食のご飯を減らす計算だと1/3程に。これでは量的にも栄養的にも物足りません。体内で糖に変わる穀類やイモ類など炭水化物は、少なめが良いとされていますが、エネルギー源としても重要です。

そこでおすすめなのが、血糖値の急激な上昇を抑える「ジャガイモ」や「ヤマイモ」、噛みごたえのある「トウモロコシ」です。腹持ちが良く、食物繊維もたっぷりで、ご飯よりカロリーも低いため、主食の代わりにすると量的な満足感と栄養価の両方にプラスの効果があります。0055_1

量を増やすなら、毎食にたっぷりのサラダや海藻類を摂りましょう。満腹感に加えて健康的なメリットもあります。また、ドレッシングに適量の油を加えると、ビタミンの吸収を助ける他、油の吸収は遅いため空腹感を紛らわすのに役立ちます。

量が増えるわけではないですが、皿数を多くしたり、器を一回り小ぶりにしたりするだけでも、見た目の満足感は大きく違います。ゆっくり落ち着いて食べる習慣にもつながりますよ。

味付けや量の工夫を楽しみながら、食事療法で糖尿病の改善を目指しましょう!

 

参考)
糖尿病の食事|食事療法の進め方|東京都病院経営本部
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/eiyou/tounyoubyou.html
糖尿病食の味付けや量について|糖尿病食で必ず知っておくべき基礎知識|レシピ・献立よりも重要なポイントとは?
http://hepclaw.com/entry20.html
Taste_vol3.pdf(おいしさを科学する「酸味」)
http://www.nissui.co.jp/academy/taste/03/taste_vol03.pdf
一日の摂取カロリーを計算!平均は1800~2200kcalメディチェ
http://www.h-nc.com/cat3/post_34.html
100キロカロリーの食事量の目安
https://www.city.sakai.lg.jp/kenko/kenko/kenkozukuri/kenkozoshin/metabolic/challenge_100kcal.html
ジャガイモのカロリー|グラムの分かる写真館|簡単!カロリー&栄養計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/imo/jagaimo.html
トウモロコシのカロリー|グラムの分かる写真館|簡単!カロリー&栄養計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/yasai/toumorokosi.html
糖尿病向きの炭水化物|糖尿病食で必ず知っておくべき基礎知識|レシピ・献立よりも重要なポイントとは?
http://hepclaw.com/entry7.html