0008_800
コラム

低GI食品を上手にとって太りにくいカラダへ

「◯◯だけダイエット」や「食べないダイエット」など、ダイエット法と健康は反比例しがち。近年注目されている「GI値」は、従来のような極端な制限を設けず、緩やかな減量と太りにくい体質を手に入れる指標となってくれます。

 

「GI」と「肥満ホルモン」の関係とは

GIとは食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。GI値が高いほど血糖値の上昇率が高くなります。なぜGI(食後血糖値)が高いと良くないのでしょうか?

血糖値が上がると、血糖値を下げる働きをするインシュリンが分泌されます。このインシュリンは脂肪の合成を進め、脂肪分解を抑制する力を持っています。インシュリンが「肥満ホルモン」と呼ばれるのはこのためです。

つまり「血糖値が上昇→インシュリン(肥満ホルモン)が分泌される→脂肪を溜め込む」図式が成り立つわけで、低GIダイエットとは、最初のステップ「血糖値が高い」状態を抑えようというダイエット法なのです。

 

痩せる「食べ方」のコツ 低GI食品を上手に使う

激しいカロリー制限はストレスや栄養不足による体調不良を招きます。“健康的に”ダイエットするためには、「血糖値を上げすぎない食べ方で、しっかり食べる」こと。食べ合わせや食べる順番を考えれば、同じカロリーでも太りにくい食べ方になります。

肥満ホルモンを出させないコツは「足し算」

白米など高GI食品を食べるときには、一緒に低GI食品も食べるようにすると、全体的なGI値を下げることができます。たとえば、白米+納豆とおみそ汁、食パン+豆サラダとヨーグルトなど。「◯◯は食べない!」ではなく、「食べ合わせ」が大切です。
teigi_2b
 

太らない食べ方は「順番」にアリ

ダイエットしながら健康を維持するためには、多品目をバランスよく食べること。食べる順番を意識するだけで、血糖値を上げすぎない食事になります。

まずは温かい汁物。カラダを温めることで消化吸収力をアップさせます。次に食物繊維や酢を使用したものを。血糖値の上昇が緩やかになり、肥満ホルモンの分泌を抑えます。
メインに魚・肉、豆類など良質のタンパク質を摂って満腹感を、GI値の高いご飯やパンは最後です。おかずを多めにしてご飯を少なめにしてもよいでしょう。1品ずつの完食にこだわらず、臨機応変に楽しく食べてくださいね。
teigi_1b

 

美味しく食べて太りにくいカラダへ

ただ痩せたい、ではなく、キレイに痩せたい。全てのダイエッターにとって切なる願いですよね。GI値と食べ方を絡めた考え方は、そんなダイエッターの心強い味方。食べ合わせや食べ順は、和定食が良いお手本となるでしょう。食べる楽しみを謳歌しつつ、健康的な美しいカラダを手に入れましょう!

 

参考)

タニタとつくる美人の習慣
株式会社タニタ 細川 モモ
講談社
売り上げランキング: 59,461
マンガでわかる! タニタ式食べるダイエット  ヒマン社員はもういません
田中 大祐
角川書店
売り上げランキング: 149,779