0001_800
コラム

1日の消費カロリーと摂取カロリー、把握できていますか?

「カロリー制限」「カロリーオフ」など、巷には「カロリーは抑えるべし!」という言葉が溢れていますが、カロリーの摂取はただ少なければ良いというわけではありません。カロリー(エネルギー量)は摂りすぎても不足しても健康を損なう恐れがあるのです。
自分が毎日どれだけのカロリーを消費して、どれだけ必要としているのか、調べてみましょう。

 

自分自身の「基礎代謝量」を知りましょう

自分が毎日消費するエネルギー量や、必要としているエネルギー量を把握するには、自分自身の基礎代謝量を知ることが必要です。
基礎代謝とは、人間が生きていくために最低限必要な活動を維持するために消費されるエネルギーのことで、たとえば血液循環や呼吸、消化、さらには脳の働きなどでも消費されるエネルギーを指します。
この基礎代謝量は、この計算式から簡単に算出できます。
 
基礎代謝量の計算式

基礎代謝基準値は下記の表から。
 
基礎代謝基準値

 

では1日の消費エネルギーは?

1日に消費されるエネルギー量は、前述した「基礎代謝量」と、ここでに紹介する「身体活動量」を合計したエネルギー量となります。
身体活動量とは、運動や生活において体を動かすことで消費されるエネルギーのことです。1日の中でどんな身体活動を行うのか、それによって大きく変化します。
主な身体活動は、その動きの激しさによって安静時の何倍の消費カロリーになるかを「メッツ値」という値で表されています。10分あたりの活動量はこの式で計算することができます。
 
エネルギー消費量の計算式

主な身体活動のメッツ値はこちら。
 
主な運動のメッツ値

もっと詳しく知りたい方はこちらを参考になさってくださいね。

 

1日のエネルギー必要量と実際の摂取量

正確にいえば、「1日に必要なエネルギー=1日の消費エネルギー」という事になりますが、自分の身体活動量を細かく計算するのは中々大変ですよね。そこで、身体活動レベル指数という目安と、先ほど求めた「基礎代謝量」を使って、基準となる必要エネルギーを導くこともできます。
 
1日に必要なエネルギー量の計算式
身体活動レベル指数は、こちらの動作を目安にいずれかの数字(指数)を当てはめてください。
 
身体活動レベル指数

さて、あなたの1日に必要なエネルギー量は何kcalでしたか?
必要なカロリーをしっかり摂って、健康な体を維持したいですね。

 

参考)

おいしく健康をつくる あたらしい栄養学
高橋書店
売り上げランキング: 106,293
早わかりインデックス 食材&料理カロリーブック
主婦の友社
売り上げランキング: 670,316