0102_800
コラム

シンプルなものから珍しいものまで!思わず食べたくなる各地のお雑煮

年初めにお雑煮を食べる文化は全国に根付いていますが、お雑煮の味や使われるお餅、具材には地域ごとにさまざまな特色があります。今回は各地のお雑煮の特徴や、珍しいお雑煮をご紹介します。自分の住む地域のお雑煮と比べて、楽しんでみてください。

 

関東・関西のお雑煮の違いと特徴

日本には、全国各地にさまざまなお雑煮がありますが、大きく分けると関東と関西でそれぞれに特徴があります。

・お餅

どのような地方のお雑煮にもほぼ例外なく入っているのがお餅です(徳島県の一部地域では、餅なしの雑煮が食べられています)。お雑煮のお餅には一般的に、関東では角餅、関西では丸餅が使われます。それぞれの地域によって異なりますが、角餅は焼いて、丸餅は煮てお雑煮に入れます。なぜ関東と関西でお餅の形に違いがあるのかについては定かではありませんが、関ヶ原の合戦以後、岐阜県関ケ原が境目になっているなどの説があります。
お餅はもともと、丸く作られるものでした。満月に似せて丸く形作ることで、豊作の祈りを込めたと言われています。また、円満の象徴としてとても縁起が良いとされています。
角餅が食べられるようになったのは、江戸時代に入ってからのこと。当時、江戸には全国各地から人が集まっていたため、作る際に手間と時間がかからない角餅が使われるようになったようです。

・味付け

関東ではすまし汁、関西では味噌仕立ての味付けをします。すまし汁とは、かつお節などの魚介をベースとしただし汁に、醤油と塩で味付けをしたお吸い物のこと。諸説ありますが、関東ですまし汁が広まったのは、縁起が悪い食べ物として武士が味噌を嫌ったためという説があります。「味噌をつける」という言葉がありますが、この言葉には、「失敗から評判を落とす、面目を失う」といった意味があります。そのほか、関東には醤油の産地が多いためという説もあります。
関西の味噌仕立てでは白味噌を使うのが一般的ですが、福井県や京都府の一部では赤味噌使う地域もあるようです。

・具材

武士の文化が根強い関東では、鶏肉で出汁を取り、具材に小松菜などを入れるお雑煮が食べられます。「菜鶏」が「名取り」にかけられていて、敵の首を取って名を上げられるようにとの願いが込められています。また、関西の京都などでは、人の上に立つ器になるようにとの願いを込めて、頭芋(里芋の親芋のこと)を入れる風習があります。
お雑煮に入れる具材には、その産地の野菜などが使われていて、地域ごとの特色が表れます。ここからは各地域の珍しいご当地雑煮をいくつかご紹介しますので、食べてみたいなと思ったものがあればぜひ作ってみてください。

 

食べてみたい全国各地のお雑煮【北海道~中部地方】

・岩手県「くるみ雑煮」

北海道~中部地方のお雑煮

Photo by Junko Matsuo

すまし汁に焼いた角餅と、鶏肉やひき菜、セリなどが入ったお雑煮です。ひき菜とは、にんじんや大根、ごぼうなどの根菜類と高野豆腐を千切りにして茹で、一晩凍らせた食べ物で、この地方に独特の具材です。お雑煮の餅は取り出して、別の椀に盛った甘いくるみだれにつけて食べます。

・東京都「名取雑煮」

東京都をはじめとした関東地方で食べられるお雑煮です。鶏肉としいたけで出汁を取ったすまし汁に、焼いた角餅と青菜を入れます。ほかに、にんじんや三つ葉、なるとなどの具材が入ります。

・福井県「かぶら雑煮」

赤味噌仕立てのお雑煮で、煮た丸餅を入れます。具材には、「株を上げる」として縁起が良いとされる、かぶを用いるのが特徴です。ほかに、鶏肉やにんじん、ゆずの皮などの具材が入ります。

 

食べてみたい全国各地のお雑煮【関西地方】

・京都府「白味噌雑煮」

関西地方のお雑煮

Photo by fukumix

白味噌仕立てで、煮た丸餅を入れます。具材には祝い大根(お雑煮用に小さく作られた大根)や金時にんじん、里芋、三つ葉などが使われますが、角を立てずに円満に過ごせるようにとの願いを込めて、具材がすべて丸い形に切られているのが特徴です。

・奈良県「きなこ雑煮」

白味噌仕立てで、焼いた丸餅を入れます。具材には、頭芋や豆腐、こんにゃく、にんじんなどが使われます。雑煮のお餅は取り出して、砂糖を加えた甘いきな粉につけて食べます。

 

食べてみたい全国各地のお雑煮【中国・四国地方】

・鳥取県・島根県「あずき雑煮」

中国・四国地方のお雑煮

Photo by Stella N.F.

小豆汁に煮た丸餅を入れて食べます。ぜんざいとは違って汁に甘みはなく、食べるときに砂糖をかけるそうです。

・香川県「あん餅雑煮」

白味噌仕立てで、甘いあんこが入ったお餅を使うのが特徴です。具材には、大根や里芋、金時にんじん、あおさなどが使われます。

 

食べてみたい全国各地のお雑煮【九州地方】

・福岡県「博多雑煮」

すまし汁に煮た丸餅を入れて食べます。焼いたあご(とびうお)で出汁を取ること、具材にかつお菜とブリの切り身を用いることが特徴です。ほかに、里芋やにんじん、しいたけや鶏肉などの具材が入ります。

・長崎県「具雑煮」

すまし汁に煮た丸餅を入れます。その名のとおり魚介や根菜類などたくさんの具材を入れるのが特徴で、家庭によって具材や味も異なるそう。島原の乱の際、天草四郎や農民たちが、具雑煮で力をつけたことがはじまりだと言われています。

 

参考)
なぜ?関東と関西でお雑煮が違う理由|大学生の困った!を解決するCampus Magazine
http://magazine.campus-web.jp/archives/131969
お雑煮の由来と意味|おせちの通販ならOisix
https://www.oisix.com/shop.osechi–cont-zouniyurai__html.htm
あなたのお家はどのタイプ?日本各地のおいしい【お雑煮】比べてみたよ♪|キナリノ
https://kinarino.jp/cat4-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1/7817-%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%AE%B6%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%EF%BC%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%90%84%E5%9C%B0%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%90%E3%81%8A%E9%9B%91%E7%85%AE%E3%80%91%E6%AF%94%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%82%88%E2%99%AA

徳島県祖谷地方・もちなし雑煮【全国のお雑煮】|お雑煮研究所(お雑煮やさん)
http://www.zouni.jp/20150424_tokusima/
具雑煮…長崎県:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/cuisine/cuisine7_2.html
博多雑煮|九州の味とともに 冬|霧島酒造株式会社
http://www.kirishima.co.jp/aji/2011/winter/23/