0028_800
コラム

お店やメニュー選びはご用心!「マクロビオティック」「ベジタリアン」「ヴィーガン」の違いって?

食事にも気を配っているカッコイイ人が取り入れていることが多い「マクロビオティック」「ベジタリアン」「ヴィーガン」といった、「◯食主義」。健康や美容のために、いろいろと食べないように気をつけていたり、食べてはいけないものがあったりするため、一緒に食事をするときには、お店選びやメニューなどできるだけ気をつけておきたいところですよね。一緒に食事を楽しめるお店選びができるように、それぞれの特徴や違いを知っておきましょう!

 

マクロビオティックは「玄米菜食」がベース!

欧米のモデルさんや女優さんが取り入れ始め、日本でも話題となった「マクロビオティック」。実は、欧米発祥ではなく日本発祥の「玄米菜食」をベースとしています。穀物や海藻、野菜などで作る日本食を基本に、「自然との調和を目指した健康な暮らしをする」というテーマをもった考え方です。

ストイックに、肉や魚を食べずに野菜や穀物のみを食べると思われがちですが、テーマは「自然との調和」と「健康な暮らし」のため、NG食品があるわけではありません。「地の旬のものをいただく」ことと「自然の恵みをまるごといただく」ことの2つの原則に沿っていることが重要で、バランスよく食べることも大切にしているのがマクロビオティックです。

そのため、お店やメニューを選ぶときには、「地のもの」「旬のもの」を使っているところがおすすめです。

 

ベジタリアンの定義は広い

ベジタリアンと一言で表されていますが、その定義は広くベジタリアンのなかにもさまざまな人がいます。肉や魚だけでなく動物性のものは一切口にしない完全菜食主義から、肉や魚は食べないが、卵や牛乳は飲む人、鶏肉はOKとする人など、ベジタリアンのなかにも大きな感覚の違いがあるのです。

そのため、一緒に食事をする人が、どの程度気をつけているのかを把握することが一番のポイントとなります。最近では、ベジタリアン向けメニューを用意しているお店もたくさんあるので、ベジタリアンレベルに合わせて選択するようにしましょう。

 

ヴィーガン

ベジタリアンのなかでも、特にこだわりをもっている「完全菜食主義」がヴィーガンです。ヴィーガンは、肉魚だけでなく乳製品などの動物性食品を一切とらず、はちみつなどの動物や虫が採集したものも口にしません。

さらにはウールや毛皮、スキンケアアイテムに至るまで、徹底して「動物性のものは使わない」としているため、一緒に食事に行くときには、服装にも気をつけておくのがよさそうです。

ヴィーガン・レストランもまだ数は少ないですが出てきています。一般的なお店でヴィーガンメニューを探すのは難しいので、できるだけヴィーガン専門のお店を選ぶのがおすすめです。

 

参考)
マクロビオティックの基本 | CHAYA Macrobiotics
http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/
ベジタリアンとは?日本ベジタリアン協会
http://www.jpvs.org/menu-info/
ベジタリアンとどこが違う? 最近よく聞く「ヴィーガン」の定義 | ゼクシィキッチン
https://zexy-kitchen.net/columns/312