0052_800
コラム

あなたも隠れメタボの可能性アリ!?細身の女性も要注意

メタボリックシンドローム、通称「メタボ」とは、内臓脂肪の蓄積と代謝異常が重なることで、生活習慣病のリスクが高まっている状態のこと。メタボというと、「太っている人がなるもの」というイメージをもっている方も多いでしょう。
メタボと肥満に密接な関係があることは確かですが、近年では、肥満体型ではないのに代謝異常があり、生活習慣病のリスクを抱えている「隠れメタボ」の人が増えています。

 

隠れメタボとは?

より具体的には、腹囲(おへその周り)が男性で85cm、女性で90cm未満にもかかわらず、高血圧・高血糖・脂質異常(中性脂肪が多いか善玉コレステロール値が低いかのいずれか、または両方)の3つの代謝異常のうち、2つ以上当てはまる人のことを言います。

隠れメタボだと考えられている人は、全国でおよそ914万人、メタボ患者はおよそ960万人です。

隠れメタボは見た目だけでは判断できないため、メタボ診断などではスルーされてしまいます。つまり、メタボ患者と同じくらいの人たちが、健康被害のリスクを抱えながら、そのままの状態になっているのが現状なのです。

 

隠れメタボを放置するとどうなる?

何の対策も行わないまま隠れメタボを放置していると、動脈硬化が進行していきます。

動脈硬化とは、余分なコレステロールが血管の壁に蓄積することで、血管が狭くなったり、硬くもろい状態になったりすることです。
動脈硬化は、心臓疾患や脳梗塞、糖尿病など、命にかかわる病気にかかるリスクを高めます。

 

隠れメタボの原因は?特に女性は要注意!

隠れメタボの最大の原因は、内臓脂肪が溜まってしまうこと。
内臓脂肪は特に男性につきやすいと言われていますが、隠れメタボは女性に多いことをご存知でしたか?女性の8人に1人が、隠れメタボに該当するとも言われています。

男性と比較すると筋肉量が劣る女性は代謝が低下しやすく、もともと隠れメタボのリスクは高いと言えます。

また、女性ホルモンにはコレステロール値を下げる働きがあるため、その働きが衰える閉経後は特に、コレステロールや中性脂肪が増加しやすい傾向にあります。

ウエストが細くても、体脂肪率が高い女性は要注意!過度な食事制限とリバウンドの繰り返し・糖質や脂質が多い食事・運動不足、これらはすべて隠れメタボを引き起こす生活習慣です。

野菜中心のバランスが良い食事や、エレベーターではなく階段を使うといった軽い運動など、日常生活の中での対策を心がけましょう。

 

参考)
女性が危ない!“隠れメタボ”|NHKあさイチ
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/160824/1.html
あなたも隠れメタボ!?日本のメタボリック診断基準に一石を投じる調査結果を発表(厚生労働省)-マイクロダイエットネット
https://microdiet.net/news/000056.html
3分でわかる「動脈硬化とは?」|血管健康くらぶ
http://www.doumyaku-c2.jp/doumyakukouka/
痩せていても油断大敵!メタボ判定基準が変わる|男の健康|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/94180?page=1
見た目で分からないからコワイ。「隠れ肥満」ってなに?|スキンケア大学
http://www.huffingtonpost.jp/skincare-university/obesity_b_9698972.html
【医師が監修】皮下脂肪はどうすれば効率的に燃焼できる?|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/008175/