0047_800
コラム

栽培だってできる♪ハーブがもっと好きになる使い方

私たちの生活に役に立つ植物、ハーブ。世界中で親しまれている植物ですが、ハーブには数え切れないほどの種類があり、一つひとつに独特の味や香りがあってとても個性的。
ここでは、とくに人気の高いハーブの使い方や栽培に向いたものなどをご紹介します!

 

ハーブといえば?

ハーブといえば、エッセンシャルオイルやポプリなどを思い浮かべる方も多いでしょうか。
ラベンダーやカモミール、ミントなどのハーブは有名ですね。バジルやローズマリー、フレッシュなクレソンやルッコラなどもスーパーで見かけることが多くなりました。

シソや三つ葉といった日本ではおなじみの食材も、ハーブの一種です。通販などでも多く流通しているため、いろいろな種類のハーブが手に入れやすくなっています。

 

人気のハーブを使いこなそう!

(1) イタリアンには

バジル・・・チーズやトマトととくに相性がよい。食欲増進効果も!
オレガノ・・・これぞピザの香り。ケチャップ+チーズ+オレガノでなんでもピザ風に。
イタリアンパセリ・・・よくあるパセリよりも香りと味が優しく、ビタミンやミネラルが豊富。きれいな緑でお料理を引き立てます。

(2) 料理に香りを添える

ローズマリー・・・食材の臭みを消すとともに、風味をプラス。ローズマリーで香りをつけたフォカッチャ(パン)も人気。
タイム・・・ニンニクやタマネギなどの香味野菜やワイン、肉・魚との相性も抜群。

(3) ハーブティはいかが

ミント・・・ガムや歯磨き粉、スイーツの付け合わせなどでもおなじみの味。鼻がスッキリするので花粉症対策にも効果がありそうですね。
レモンバーム・・・発汗・解毒作用があるので、風邪のひき始めにオススメです。

(4) サラダにおいしいフレッシュハーブ

コリアンダー(パクチー)・・・アジア料理に欠かせないコリアンダー。クセの強さが人気の秘訣。
ルッコラ・・・ほんのりとした辛味があり。葉野菜なのにゴマ風味なのが楽しい!
クレソン・・・セリ科特有の香りとピリッとした辛さがあり、肉料理に添えてもおいしい。

 

ハーブを育ててみよう!

ハーブの特徴は何といっても、その生命力の強さ。室内やベランダでも十分育てることができます。植木鉢やプランターに植えて、キッチンハーブとして楽しんでみるのもよさそうです。

キッチンハーブにオススメしたいのは、イタリアンパセリやバジルなどのフレッシュで食べられるハーブです。発芽しやすく節のところから収穫すると脇から新芽が出てきますので、長く楽しむことができます。

いつものお料理を、ちょっとおしゃれに彩る、キッチンハーブに挑戦してみてはいかがですか?

 

参考)
ハーブ活用できてる?種類と基本的な使い方のまとめ。|CAFY [カフィ]
https://cafy.jp/14562
ハーブ図鑑 知っておきたい定番人気ハーブ18種類! – 植物図鑑まとめ | みんなの趣味の園芸
https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_p_addup_002